MENU

避妊ピルの正しい知識を身につけよう

近年は、少子化が社会問題として取り上げられることが多くなっています。
その一方で、せっかく生まれて来た子どもを、実の親が虐待し、殺害してしまうという凄惨な事件も、頻繁に報道されています。
このことからわかるのは、親に望まれて生まれてきて、幸せに生きることができる子どもが増えることが、日本の社会には必要だということです。
とはいえ、ほとんどのカップルは、交際をする内に性交渉をするようになるものです。

 

こればかりは、政府は規制できませんし、規制すべきものではありません。
ですので、性交渉を行う時に、個人がしっかり避妊をすることが、予定外の妊娠を防ぐためには重要です。
幸い、現代には99.9%の確率で妊娠を回避することができる、避妊ピルが存在しています。
避妊ピルは、コンドームよりも遥かに高い確率で避妊することができます。
また、避妊ピルとして多くの産婦人科で採用されているトリキュラーは、個人輸入代行業者で購入することができるので、入手先に困ることもありません。
しかし、個人輸入で避妊ピルを購入する場合は、正規品を確実に入手できる個人輸入代行業者を見つける必要があります。
たとえば、くすりエクスプレスという個人輸入代行業者がありますが、この業者では、確実に製薬メーカーの正規品を提供できるシステムを持っているので、避妊ピルの入手先としては最適です。
また、くすりエクスプレスでは、薬をまとめて注文することで割引をしてくれます。

 

この割引制度を利用すれば、ピルの購入費をかなり安く抑えることも可能です。
さて、安心して利用できる、メーカー正規品のトリキュラーを手に入れても、効果的な使い方をしなければ、その恩恵を受けることはできません。
避妊ピルを最も効果的に使いたいならば、月経初日に服用を開始することが肝要です。

 

月経初日には、GnRHというホルモンが、視床下部より分泌されます。
このホルモンは、排卵が行われるまで分泌され続けるのですが、トリキュラーを服用することで、このホルモンの分泌は弱くなります。
GnRHは、月経周期をスタートさせるための重要なホルモンなので、月経初日にピルを飲んで、このホルモンの分泌を低下させることは、避妊効果を上げるために重要なのです。

 

また、月経初日からピルを飲みはじめても、飲み始めから1週間程度はコンドームをつけて性交渉を行った方が良いでしょう。
なぜなら、確実にピルの効果が現れ出すのは、飲み始めから一週間を経過した後とされているからです。

 

このほか、避妊ピルは忘れずに飲み続けなければ効果を発揮しませんし、服用する時刻も一定にする必要があります。
このように、高性能なトリキュラーでも、使用方法を間違えると、その性能を発揮できなくなってしまいます。
避妊率99.9%というのは、あくまでも正しく服用を行ったときの数値であることを、心がけておきましょう。
こうした避妊ピルの正しい知識を持っておくことも、日本の未来を明るいものにするために必要なのです。