MENU

長期間の服用が必要な薬はコスパが大切です

長期間に亘って飲み続けることが必要な薬の中に、避妊用の低用量ピルがあります。
女性が自分の意思で避妊でき、しかも高確率の避妊法ですから、利用している方も多いのではないでしょうか。
ピルには、身体を妊娠している時と同じようなホルモンバランスにする作用があり、それにより排卵を防ぐのです。
妊娠したい時期が来たら服用をやめればいいだけなので、コントロールしやすいのも魅力のひとつです。
反対に、避妊したい間は飲み続けなければなりません。

 

しかし、ピルはドラッグストアや薬局などには売られていないため、産婦人科などの医療機関を受診して処方してもらうしか、手に入れる方法はないのです。
ピルを飲み続けるためには、毎月のように受診せねばならず、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。
その都度ピル代のほかに医療費なども払わなければならないため、経済的にも続けにくくなる場合もあるかもしれません。
個人輸入は、薬を処方箋なしで購入できますので、そんな方たちにぴったりの方法と言えます。
輸入とは言っても、面倒な手続きは全て代行業者が行ってくれるので、欲しい商品を選ぶだけで大丈夫です。
通常の通販を利用する際と比べても、何も違いはないでしょう。

 

ただし、商品によって多少の違いはありますが、届くまでに日数がかかることがあるかもしれません。
また、医薬品の個人輸入は、規定量が定められています。
その範囲内で注文するようにしましょう。
そして、個人輸入した医薬品は、自己責任で自分が利用することが大前提として挙げられます。
つまり、いい薬だからと言って友人に分けてあげたり、友人の分を一緒に買うことも禁じられているのです。
もちろん、誰かに売ったりしてもいけません。
それらを守れば、効果の高い薬を安価で手に入れることができる、良い方法だといえるでしょう。
例えば、ピルなら最近ではトリキュラーという製品が人気です。

 

トリキュラーは、日本でも認可を受けている商品で、処方量も一番多いピルです。
ホルモンの含有量を出来るだけ抑え、ホルモンの分泌の仕方を自然に近づけるように工夫された低用量ピルなので、副作用が少なく、身体に優しいとされています。
低用量とは言っても、飲み忘れることなく正しい方法で服用すれば、確実に避妊することができます

 

ピル初心者にもおすすめです。
ただし、個人輸入したピルですと、説明文も英文表記です。
トリキュラーには、飲む順序や飲み方などのルールがあるので、初めてピルを利用する方で英語が分からない方は、戸惑ってしまうかもしれません。
医薬品の個人輸入代行サービスを行っている業者に中には、詳しい用法、用量なども解説してくれている場合があるので、検索してみると良いでしょう。

 

特にくすりエクスプレスのHPは、その薬の服用方法から特徴や副作用まで詳細に説明されているので、参考になると思います。
くすりエクスプレスは、中身が分からないように梱包してくれたり、郵便局止めが使えたりと、プライバシーにも配慮してくれるので、利用しやすい業者のひとつです。